「ゲノムファンド活用プログラム 2022」

「ゲノムファンド活用プログラム 2022」

応募要項

応募要項

(※本プログラム公募は、2022年10月5日に締め切りました)

グローバル全生物ゲノム株式ファンド(1年決算型)/(年2回決算型)(通称:「ゲノムファンド」)は、日興アセットマネジメント株式会社が運用会社となり、ゲノム関連企業の株式への投資によるリターンをファンド受益者にもたらす公募投資信託です。

「ゲノムファンド活用プログラム 2022」は、本ファンドの運用会社や販売会社が受け取る運用管理費用の一部を寄付金として、研究機関(研究者)と患者団体に寄贈するプログラムです。

今回、本プログラムの目的において、ゲノム医学の実用化に向かって疾患探索・研究を行っている優れた研究機関(研究者)ならびに患者団体(具体的には難病・希少疾患、がん、免疫医療、再生医療等の分野)を公募します。


「ゲノムファンド活用プログラム 2022」


趣旨 

ゲノム医学の実用化に向けて疾患探索・研究を行っている優れた研究機関(研究者)ならびに患者団体(具体的には難病・希少疾患、がん、免疫医療、再生医療等の分野)に寄付金を贈呈します。対象となる研究機関(研究者)、患者団体の要件は下記とします。


研究機関(研究者)

(1)ゲノム医学の実用化に向かって疾患探索・研究を行っている(具体的には難病・希少疾患、がん、免疫医療、再生医療等の分野)研究機関(研究者)であること

(2)研究目的がゲノム医学の実用化に向かって疾患探索・研究を行い、患者の利益を目指したものであること

(3)本事業の応募資格者は、国内の研究機関等に所属し,応募に係る研究開発課題について研究開発実施計画の策定や成果の取りまとめなどの責任を担う研究者(研究開発代表者)とする。

(4)2022年度は「ゲノム医学の実用化に向けて疾患探索・研究を行っている」事に注力していることを選考基準とする


患者団体

(1)難病・希少疾患、がん、免疫医療、再生医療等の分野の患者団体である

(2)ゲノム研究機関や難病・希少疾患、がん、免疫医療、再生医療分野の研究機関(研究者)との関係性が深い

(3)積極的に研究機関(研究者)との連携や支援(研究資金の提供、患者の情報や生体 試料の収集への協力など)を行っている

(4) 寄付金の一部を研究助成に充てるような活動を行っている


寄付概要 

研究機関(研究者):1件500万円を上限とし、採択する研究機関数は2~3を予定

     患者団体:1件300万円を上限とし、採択する患者団体数は2~4を予定

     

※ 尚、研究機関(研究者)への当該助成金につきましては、研究・調査を実施する研究者に対する直接的な研究助成であり、大学や研究機関への間接経費、一般管理費を支払うことを想定しておりません。全額研究費として使用していただきますようお願いいたします。


締切 

2022年10月5日(水)必着


応募規定 

下記に申込書のダウンロードボタンがありますので、そちらをダウンロードして、必要事項を記入・押印のうえPDF形式でメールに添付し事務局担当者(西宮)に送付してください。


○申込書 

研究機関(研究者):「ゲノムファンド活用プログラム 2022」研究機関 申込書

     患者団体:「ゲノムファンド活用プログラム 2022」患者団体 申込書


留意事項

1. 過去に応募し、落選された患者団体および研究機関がご応募されることは可能です。但し、昨年(2021年度)寄付を授与された患者団体および研究機関はお控えください。

2. 寄付先に選定された場合、一部の寄付元企業では寄付額の公表を控える旨お願いしています。寄付額を公表する必要がある場合は、寄付元企業の承諾を事前に書面にて取得していただくようお願い申し上げます。必ずご確認の上ご応募ください。

3. 寄付先として選定された場合、反社会的勢力との関係がない事を確認するプロセスがあります。代表者の生年月日、ご自宅の住所等の個人情報をお尋ねすることがあります。お預かりした個人情報に関しましては、各社個人情報の規程に則って適切な管理をさせていただきます。

4. 寄付先として選定された場合、所属組織の直近の認証評価証(研究機関)、第三者認証(患者団体)の提出が求められます。患者団体で第三者認証を取得されたことのない応募者には、選定されましたら取得方法についてご案内申し上げます。なお第三者認証の取得費用等は各団体の負担となることをご了承ください。

5. 寄付は、最終的には寄付元企業である運用会社や販売会社(複数の可能性あり)、それぞれの社内決裁を経て実施されます。

6. 本件寄付金に関しまして、一年間ですべて消化する等の規定は設定しておりません。


審査 

有識者数名による選考委員会で審査し、本プログラム実行本部で決定。2022年

     12月初旬に結果を通知


審査後の流れ 

寄付授与 

2023年3月下旬(予定)※上記審査で選定された応募者は、第三者機関による評価証をご提出いただき、寄付元企業との面談(オンラインで開催予定)を実施の上、最終的には各社が社内決済を経て寄付が行われます。


お申し込み


応募要項(ゲノムファンド2022)
.pdf
Download PDF • 721KB
ゲノムファンド2022 申込書(患者団体)
.docx
Download DOCX • 21KB
ゲノムファンド2022 申込書(研究機関)
.docx
Download DOCX • 27KB

問い合せ先

「ゲノムファンド活用プログラム2022」事務局:

株式会社 21 世紀メディカル研究所 

公募HP: https://www.21medical.org/post/genomefund2022

(担当:西宮 知明 email:tnishimiya@21medical.jp)

〒112-0002 東京都文京区小石川1-5-1 パークコート文京小石川 ザ タワー PC401号 

TEL:03-6273-0038 FAX:03-6273-0036